IT人材になれない

仕事
スポンサーリンク

こんばんは〜

今日は出社デーでした。

また、ぐっと寒くなりましたね( ̄▽ ̄;)

今日もまた仕事の話。

仕事柄、IT関係の部署の方と、やりとりをするのですが、

新しいシステムを導入したんですが、

エラーが起きたりして、ぜんぜん使えません。

今って、DX推進とかで、IT人材が確保できないらしくて、

うちの会社では、IT部署の人たちがかなり残業してるみたいです。

一部の部署だけ忙しいと、不満の元ですよね。

良くないなぁ。

IT人材が足りない影響は、

私のほうにもあって、

新しいシステムを導入したけど、既存のシステムみたいに、サポートが手厚くないんですよね。

自分でメーカーに問い合わせてくださいとか。

もう、こんなシステム使いたくない!

って言いたくなる。

そもそも、私が使いたいって言ったわけじゃないんですけど、

現場が使いたいと言ったわけではなくて、

どちらかといえば、上の人が、新規システムを導入しました!って、

言いたいがために導入したって感じ。

何かシステム導入すれば、業務効率化とか業務改善したって印象になる、みたいな感じがする。

そもそも業務の省力化って、

結果がいまいち分かりづらいですよね。

システムエラーの対応で時間がとられるなら意味ないと思うんですけど。

ささやかな抵抗で、

新しいシステムのせいで業務が非効率になってます!

って、アピールしてます。

何か変な会社だなぁって思います。

本当は、これからは社員全員がIT人材にならなきゃいけないんだろうなって思います。

システム利用が増えるってことは、みんなIT人材になって、自分でシステムの管理ができないとダメなんだろうなって。

でもそれなら、社員がIT教育を受けられるようにしてほしい。

どっかのメガバンクでは、ITパスポートを社員に取らせるらしいですが、

うちの会社でもそういうのやって欲しいな。

業務に使う知識は、なるべく会社のお金で身につけたいと思う、相変わらずケチな私です(^o^)

スポンサーリンク
シェアする
runablogをフォローする
独身OLるうなの投資&節約日記

コメント