会社を盲信せず、生活水準を上げず、いつでも辞められるようにしたい

仕事
スポンサーリンク

こんばんは〜

会社の話です。

私が働いてる部署は、

社内の色んな話が割と入ってくる部署なんですけど、

最近、うちの会社は賃下げを検討しているらしい。

なんというか、

サラリーマンって本当にいつ裏切られるか分からないよなぁ、なんて思います。

一方で、

うちの会社は、今年は夏のボーナスが過去最高水準だったんですけど、

会社が年に1回、従業員にアンケートをとってるんですよね。

そのアンケートの結果が、今年はずば抜けてよかったらしい。

ボーナスが良かったのは、単に外部環境がよかったからなのに、

ボーナスが上がったことで会社に対する従業員の好感度が上がっているらしい。

愛社精神の数値とか、

上司や役員に対する好感度も急上昇で、

要は、

自社が好きな人が増えてるらしい。

そりゃそうですよね。

ボーナスが良ければ満足度は上がります。

人間って単純です。

でもその一方で、

経営陣は賃下げを検討中なわけです(^_^;

愛社精神とか、

バカみたい。

私は、

入社して間もない頃の上司に、

いつでも辞めてやる!っていう気持ちで働いたほうがいいよ。

って言われたことがあります。

今、改めてその言葉を思い出して、

本当にそうだなって思います。

私は独身で、

マンションも購入してないので(欲しいけど)ローンもなく、

いつでも辞められるといえば辞められるわけです。

守るべきものもなく、

生活水準も低いですから、

給料が減っても、

貯金する金額が減るくらいで、

特に問題もないので、

会社が賃下げを検討していても、

どうでもいい、

という気持ちで見ていられます。

これって最高だなって思うんですよね。

私はそこそこ大企業の管理部門で働いている総合職なので、

日々成果を求められてます。

それなりにプレッシャーをかけられています。

でも、

プレッシャーをかけられることと、

自分がストレスに感じることって別で、

プレッシャーをかけられても、

どうでもいい

って受け流すっていうのかな、

自分のなかでストレスを感じないように、

力を抜いて、

深刻に考えないようにしています。

上から課される目標って、

頑張ってもできないものも多いです。

いちいち、まじめに取り合っていたらストレスでメンタルを病みます。

上からのプレッシャーのなかで長年生き残ってきた上司だからこそ、

いつでも辞めてやるよ!って、開き直った気持ちで働いたほうがいい、

っていう結論になったんだと思いますが、

すごくわかる。

無理なものは無理だし、

できないことはできないし、

どうしようもなくなったときには辞められるようにしておいたほうが良いと思います。

私にとって、

いつでも辞められる状態というのは、

貯金が潤沢にあり、かつ固定費(家賃やローンなどの削れない出費)を低く抑えることだと思ってます。

要は身軽でいるってことです。

いつでも辞められる!

と思っているからこそ、

プレッシャーとか責任が重い仕事もできると思うんですよね。

失敗しても大丈夫って思えるじゃないですか。

正直いって、

私はそこまで勤勉に働いていませんし、

上から見て働きぶりは良くはないかもしれません。

でも、今のところは生き残ってます。

そして、

プレッシャーに耐えられなくなった人は辞めていきます。

逆に、

成果とかどうでもいいや

多少怒られても死ぬわけじゃないし、

できる限り会社にしがみつこう、

と思ってる私のようなタイプは、

割としぶといかもしれません。

というか、

無理やり辞めさせる制度はないので、

何とかなるかな〜

と思ってます。

賃下げされたとしても、

既に資産も4000万を越えてきているので、

まぁいっか、

と思ってます。

スポンサーリンク
シェアする
runablogをフォローする
独身OLるうなの投資&節約日記

コメント