【30代婚活】東大院卒理系男子とデートその①

婚活
スポンサーリンク

こんばんは~

先日、アプリで出会った人と会ってきたので、

結果を報告したいと思います。

相手は、30代前半、東大院卒の理系男子でした。

ちゃんとした大企業に勤めていて、

年収も高くて、

私からみると、ハイスぺです。

アプリのメッセージのやりとりが最初からスムーズでした。

あと、彼はかなり読書家な方みたいで、知的な印象だったのと、

世界史とか旅行が好きなところが、

趣味が合う感じがして好印象でした。

トントン拍子に、一度会ってみましょうという流れになったので、

ご飯にいくことになりました。

で、会ってみた感想なんですが。

とにかく、よくしゃべる方でした。

すごくなんでも知っているというか、

読書家で、知識が豊富な方だったんですが、

彼は理系なので、私にはよく分からない話がけっこう多かったです。

メッセージのやり取りの時点では、

私が好きな、海外旅行・ドラマ・世界史・小説の話が中心でしたが、

会ってみたら、やっぱり理系って感じ。

よく分からない、工学とか化学とか宇宙の話をずーっと話してました。

彼は仕事がそっち系なので、

すごく詳しかったです。

私にはちんぷんかんぷんでしたが、

まあ、相槌を打っていればいいことなので、別に嫌な感じではなかったです。

やっぱりさすが東大卒っていうか、

すごく頭のいい方なんだな~

って思いました(^^;

というか、メッセージのやりとりでは、

私に合わせてくれてたんでしょうね。

そのあたりも、賢いですよね。

なんですけど、

途中で、

「るうなさんも、何か面白い話してください」

って話を振られたんですよね。

あ、「今まで自分は面白い話をしていた」って前提なんだ~と思って、

ちょっと苦笑い(^^;

だいぶ理系の、専門的な話を一方的にしゃべってた印象だったので、

私がそれを楽しんでいた前提で話を振られたことに驚きました。

メッセージのやりとりでは分からなかった彼のキャラクターを知れました。

ちょっとコミュニケーションに不安が残りましたが、

お店はちゃんとしたお店を予約してくれたし、

ご馳走していただいたので、

優しいし、

気遣いがある方だなと思いました。

②に続きます。

スポンサーリンク
シェアする
runablogをフォローする
独身OLるうなの投資&節約日記

コメント