【ゼロで死ぬ】節約せず若いうちから消費したほうが良い?

節約術
スポンサーリンク

こんにちは〜

最近、話題になってた本を読みました。

本の内容は、

アメリカで一番裕福なのは70代で、多額の貯蓄を残して亡くなる人がいるが、もっと若いときからお金を使って、死ぬまでに資産をゼロにして死ぬべきだ

という内容です。

ゼロで死ぬためには、資産を増やし続けるのではなく、個人年金などに加入すれば良い、とのことです。

実際、年金で十分なのかどうかはわからないけど、本の内容は素晴らしいなと思いました。

投資をやっていると、資産を増やし続けている人が多くて、

投資をやるからには億り人とか目指すべき?と思ってた節があったんですが、

この本の著者は、45歳から50歳くらいで、資産を増やすのはやめて、だんだんと減らしていき、死ぬ時になるべく資産ゼロで死ぬという考え方で、

この考え方だと、若いうちからもっと使えると思うし、

無駄がなくていいなと思いました。

私の場合は、

お金を貯めているのは家を買うためというのもあるのですが、

自分に必要な金額を見定めて、

必要以上にお金を使うことを先送りにしないよう、気をつけたいと思いました。

というか私の場合、

それなりに貯金もあって、

年収もそれなりにあって、

結婚や子育ての予定もなく、

将来かかる学費の予定もなく、

仕事を辞める予定もありません。

そういう意味では、

そこまで頑張って節約しなくていいのでは?

という気がしてきました。

スポンサーリンク
シェアする
runablogをフォローする
独身OLるうなの投資&節約日記

コメント