暖房費節約のために会社に行く

日々のこと
スポンサーリンク

コロナの感染者がまた増えてきていて、

会社でも、在宅勤務が推奨されています。

私が働いてる会社でも、出社するときは上司の許可を得なければいけないのですが、

理由を作ってなるべく出社するようにしています。

在宅の日はなるべく短時間勤務にして、

出社した日はそのぶん残業するなどして、長時間働いています。

なぜかというと、暖房費が高いからです・・・。

10月の電気代は2600円で安かったのですが、

夏とか冬は下手をすると8000円とかになります。

全てはエアコンのせい。

夏の冷房よりも、冬の暖房のほうが高くなりがちなので、警戒しています。

会社は、出社する人が少なくても、しっかり暖房をかけているので、

むしろ暑いくらいです。

(そういうところは従業員に優しいなと思います)

そもそも、週に何日かは出社しないと仕事が回らないというのも理由です。

完全に週5日、在宅勤務ができるなら、

定期券を買わなくてもOK(だけど会社からは支給される)なので、

お得です。

でも、定期代を計算したら、週に3日以上出社するなら(会社なる都心まで出かけるなら)

定期を買ったほうがお得なので、結局定期は買うことになります。

だったら、なるべく会社で仕事したほうが、暖房代は節約になるのかなと思いました。

寒いと体によくないですしね。

我ながらケチだなと思います(^^;

スポンサーリンク
シェアする
runablogをフォローする
独身OLるうなの投資&節約日記

コメント